メニュー

スポーツマウスガード

スポーツマウスガードのご案内

スポーツには怪我がつきものです。
ボクシング、空手などの格闘技やラグビーやアメリカンフットボール、アイスホッケー、ラクロスなどのコンタクトスポーツでは顔や口の中をケガすることが多くみられます。

ボクシングイメージ

  • 口腔内の裂傷や歯の破折・磨耗・脱臼
  • 顎関節の脱臼、顎の骨折等
  • 脳震とう・脳神経系および頸部損傷

マウスガードにより強打による衝撃を和らげ、ケガを軽減し、脳震とうなどを予防します。

スポーツマウスガードの種類

ストックタイプ

スポーツ店の市販品で、サイズがありそのまま口に入れて使用しますが
噛んでいないと落ちてしまうので装着感は悪く、ケガの予防効果も低いです。

マウスフォームドタイプ

スポーツ店で手に入ります。お湯で熱を加えて軟化し、口の中で調整しますが、それ自体が難しく、やはり装着感は悪く、呼吸もしづらいことがあります。

カスタムメイドタイプ

スポーツマウスガード(マウスピース)

歯科医院で歯型を取り、一人ひとりの口に合ったものを作ります。市販品よりも落ちにくく、装着感もよいです。

保護者・指導者・選手の皆様へ

子どもサッカーイメージ

失ってしまった歯は二度と戻ってきません。マウスガードはこれらの危険性を最小限にとどめることができます。「競技人生」より「人生」は遥かに長いものです。
歯そして体のダメージを極力避けて、競技人生後の生活を快適に送るため、マウスガードを装着することをお勧めします。

マウスガードを作るにあたり知っておきたいこと

  • まずお口のチェックをさせていただきます。歯石の除去やブラッシング指導を行います。
  • 虫歯治療の必要な場合はこれも行います。
  • 消耗品ですから、ちぎれたり変形すると交換が必要です。
  • お子様の場合、顎の大きさや歯並びが成長と共に変化するため定期的なチェックが必要です。短期間での交換が必要になることもあります。
  • 使用前には歯磨きをきちんと行うこと。使用後は水道水ですすいでください。汚れやにおいが気になる場合は義歯洗浄剤やマウスウォッシュ剤などでリンスしてください。
  • 保管はケースに収納し、変形を最小限に抑えるため熱湯につけたり、暑い所には置かないでください。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME