メニュー

歯科口腔外科

親知らずや顎関節症の痛み

親知らずの抜歯

 親知らずとは

親知らずとは、親知らずは20歳前後にはえてくる第3第臼歯です。20歳前後で生えてくるのが多いのですが、個人差があります。
歯肉に埋まったまま生えないことや生まれつき親知らずが存在しない場合もあります。

親知らずの主な生え方

親知らずによる痛みの原因

親知らずは一番奥に生えて、斜めや横向きになることが多い歯です。
特に下の親知らずは、傾向して生えることが多いです。
親知らずが横向きや斜めにはえてしまっている場合以下のような問題が起きる可能性があります。

  • 隣の歯がむし歯になってしまう
  • 親知らずの周辺で歯周病が進行してしまう
  • 歯が押されて歯並びが変わってしまう
  • 親知らずの周辺で炎症をおこし痛みがでる

 いずれも歯ブラシによるケアが行き届きにくい為起こる問題です。症状が出てからでも良いですが、早めの抜歯をおすすめします。

 

親知らずの保存、抜歯について

親知らずが周囲に悪影響をもたらすときは抜歯する場合があります。
親知らずの一つ手前の歯は、かみ合わせに重要な歯です。

その歯が親知らずのために、むし歯や歯周病が進行している場合や将来的にそのリスクがある場合、その歯の根に親知らずが当たっている場合は、抜歯の対象となることがあります。

また、親知らずの自体がむし歯なっている場合や親知らずの周辺が歯周病のためよく腫れてしまう場合、抜歯になることがあります。

親知らずの生え方、根の形態などによっては抜歯の外科処置にリスクも伴いますので、処置を行う時には、歯科医院でのレントゲン撮影を行います。

より詳細な診査が必要な場合はCTなどの3次元画像による診査を行うことをおすすめします。

 

顎関節症治療

顎関節症顎関節症による顎の痛み顎関節症の主症状として以下があります。

  • 口を開ける時、音がする
  • 口が大きく開かない
  • 顎の関節に痛みを感じる

 特に、痛みがある場合は、早期の治療が必要となります。
治療方法には種々あります。

 

顎関節症の原因

要因としては、主にかみ合わせのズレ、歯ぎしりや噛みしめ等の習慣、ストレスなどが考えられます。

 

顎関節症の治療方法

顎関節症のの治療では、薬物療法(筋弛緩薬や鎮痛剤などの投与)、理学療法(筋訓練やマッサージなど)、行動療法(歯ぎしりや噛み締め、あるいは姿勢の改善などの生活指導)などがあります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME