メニュー

入れ歯(義歯)

こんな悩みはありませんか?

  • 食事を楽しむ入れ歯最近食事をするたびに入れ歯が動く
  • 痛くて思うように食事がとれない
  • 見た目をもっと綺麗にしたい

食事を楽しむことは健康を維持し、私たちの生活の質の向上に多いに影響します。

しまだ歯科医院では、見た目を気にせず大きな口を開けて笑うことができる、食事を美味しく食べられる、心地よく装着できる「入れ歯」を患者さまにご提供できるよう努力しております。

入れ歯に対して「痛い」「噛めない」「外れる」「目立ちたくない」など、どんなお悩みをお持ちでも、お気軽に一度ご相談ください。患者さまを全力でサポートいたします。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯

総入れ歯(総義歯)全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。
顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。
すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯

部分入れ歯(部分義歯)歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。
残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

しまだ歯科医院で取り扱っている入れ歯

スマイルデンチャー(ノンクラスプ)

ノンクラスプデンチャー金属の留め金(クラスプ)が無いため、笑ったときに目立たない入れ歯です。
硬くないので、心地よく装着していただけます。
また、 金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

スマイルデンチャー[自費] 100,000円~

金属床義歯

金属床義歯歯肉に触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
強度のある金属床は、入れ歯を薄くすることができるため、違和感も少なく、保険適用の入れ歯よりも自然に近い発生が可能です。
また、金属なので食べ物の温度(熱さ・冷たさ)がよく伝わり、食事を美味しくいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

金属床義歯と保険義歯の比較

保険適用義歯(レジン床義歯)

保険適用義歯レジン(プラスチック) で作られた入れ歯で保険が適用されるので経済的です。
しかし、保険診療では材質、形態などに制限があり、食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。

入れ歯(レジン床義歯)[保険適用] 10,000円~

 

入れ歯の注意事項

  1. まず入れ歯になれましょう
    はじめのうちは、歯肉が傷ついて痛むことがありますので、無理に使用せず当たる部位を確認の上ご来院ください。
  2. 入れ歯を破損しないようにしましょう
    ご自身で入れ歯を調整しないでください。あわなくなってしまいます。
  3. 入れ歯を清潔に保ちましょう
    毎食後はずして洗ってください。寝る時ははずして、お水の中で保管してください。
  4. 定期的に検診を受けましょう
    しばらくすると、入れ歯がかたついたり、バネがゆるんだりします。異常がなくても、半年に一度は点検のためにご来院ください。

 ご要望に応え特別な入れ歯もお作りします

当院では患者さまのご要望にお応えし、特別な入れ歯もお作りしています。
例えば、薄くて舌触りのよい金属床義歯や、金属の留め金(クラスプ)が無いノンクラスプデンチャーなどがあります。
いずれも安定性、機能性、審美性に優れていますので、従来の入れ歯では満足できない方には最適です。

口腔内の状況によってはおすすめできない場合もあります。詳しくはご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME