メニュー

小児歯科

小児歯科小さなお子様にとって、歯医者さんは怖いところでしょう。
そんなお子様に歯医者さんを好きになっていただけるように、しまだ歯科医院のスタッフは楽しい雰囲気作りを心がけております。

 親御さんとご相談のうえ、治療方法を決めていきます。

出来る限り痛みのない治療を行なっておりますが、緊急を要する処置や親御さんが希望する場合はある程度の抑制はします。

 また、問題の早期発見のため、幼稚園や学校での集団健診だけでなく、半年に1度は歯科医師による定期健診を受けて頂くことをおすすめ致します。

ぜひ、定期的な健診やフッ素塗布などにいらしていただければと思います。

 

乳歯がむし歯になりやすい理由

なぜ乳歯はむし歯になりやすいのでしょうか?

その理由は、乳歯の持っている次のような特徴にあります。

  1. 乳歯の質が永久歯(大人の歯)にくらべて軟らかい。
  2. 乳歯の隣接面(歯と歯の間)にものがはさまりやすい。
  3. 萌えたての歯は未成熟で特にむし歯になりやすい。
  4. 萌えたての歯列はでこぼこしていてみがきにくい。

こうした特徴のため、乳歯は非常にむし歯になりやすい環境にあるのです。

 

むし歯の予防処置

当クリニックでは以下の予防処置も行っています。 

フッ素(フッ化物)の塗布

フッ素には歯の質を強くしたり、むし歯菌の働きを抑える効果があります。

フッ素を定期的に歯の表面に塗布する事で、むし歯になりにくい歯を育てていきます。

 

シーラント処置

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯みがきをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。

そこで、溝の中にむし歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いでむし歯予防をします。

 

歯ブラシ指導 染め出し

歯に関心を持って、むし歯のない健康な歯を育てるためにも、親御さんと一緒にブラッシング指導をさせていただいております。

 

乳歯から永久歯に生え変わる時期の目安

生え変わる期間や順序には個人差があります。
下図に「生え変わる時期の目安」をご紹介していますが、1~2年のずれなら心配することはありません。
第3大臼歯は、俗に言う「親知らず」のこと。生える人と生えない人がいます。

 

乳歯から永久歯に生え変わる時期の目安

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME